スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

回想2

Hi♪
毎日寒いですね;
昨日は瓜幕の馬の初乗りが今年もあったようですがものすごい風で寒かったみたいです;;
私用で撮りに行けませんでしたが、来年は足を運んでみたいと思います。

今回は過去の作品を展覧したいと思います。


DSC01665.jpg
-山見守る釣り人の釣果-
支笏湖にて


DSC01042.jpg
-迦陵頻伽-
迦陵頻伽とは梵語カラビンカの音写。
好声・妙声・美音・美音信・好音鳥と訳します。
ヒマラヤの山の中にいる美声の鳥です。極楽浄土に住む鳥で浄土曼荼羅では人頭鳥身に描かれている。
(写真の大仏様の頭にとまっている鳥とは関係ありません。)
鎌倉にて


DSC00772.jpg
-帳迫る首都高-

DSC01672.jpg
-開拓の末裔-

DSC01673.jpg
-脈動-

この地を開いた人々のかけがえのない存在の血は脈々と受け継がれている。
詳しくはわからないがサラブレッドより明らかに大きいので重種…開拓民を支えた種類に分類されると思われる。
重種は温厚な馬が多く、何より迫力が違いすぎる。
この種を見るならやはり北海道がおすすめだと思う。
帯広飛行場の展示レプリカや帯広競馬場で実物を見ると、漫画の「北斗の拳」や「花の慶次」に出てくる松風や黒王号そのままに感じる。(馬が人を踏みつぶす描写があるほどの大きさ
お勧めは馬というものに限って言うと、冬が一番の見どころだと自分は思う。
蒸気機関のように鼻から白い息を吹き出す様は本州で見る馬と全く違った印象を受ける。
昨今流行っている漫画、荒川弘さんの「銀の匙」や「百姓貴族」という作品でも馬について触れられており馬好き延髄もの。

スポンサーサイト

  1. 過去の地平線
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

蝦夷地へ足を踏み入れた開拓民

プロフィール

Black Fox

Author:Black Fox
蝦夷の地平線へようこそ♪

【出身】:蝦夷地 / 網走(チパ・シリ)

【性格】:一つの事に夢中になれる、静かに燃える人らしい

【能力】:運転中に体感時間を遅くする程度の能力

【趣味】:音楽・映画・車・バイク・PC・Photo・漫画・アニメ・ゲーム・東方プロジェクト・国内旅行・オーディオ・アウトドア全般・温泉…など

【装備】:
コンデジ SONY DSC-HX30V
一眼レフ CANON EOS70D
レンズ  EF-S 18-135mmF3.5-5.6IS 
      EF 50mmF1.8Ⅱ
      SP AF MACRO 90mm F2.8

オーディオ NW-A867/B(名機)
ヘッドホン Reference S4
       ATH-PRO700
       ATH-PRO700MK2ANV

熱い煎茶と桜餅でもどうぞb
ゆっくりしていってねb


« 2017 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。