スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

暴牛、帯広に来る

Hi♪
撮りためていた写真を放出中の、どうも僕です。

今乗ってる軽がそろそろ色んな部分にヤレが来て車検費用が高くなりそうなので乗り換えを考えています。
色々と試乗を夏から続けてだいぶ考えもまとまってきました。
で、アウディのA1とA3を見に行った時にたまたま来ていたんですよ。
世田谷のタグが付いた牛が!!!
いやー、やっぱかっこいいね。
何よりこの色が。
某豊かな田んぼ製のオレンジと違う。
パステルカラーに感じるのに、田んぼ製のようにポップな印象まるでないからな;
あえてそのままの現像ではなく、少し外した印象で色がクローズアップされるイメージでやってみた写真。
まあ、最近はこういう写真流行ってるからね、やってみたかったというw


IMG_2983-1.jpg
-暴牛 uno-

IMG_2983-1-3.jpg
-暴牛 due-

IMG_2994-1.jpg
-暴牛 tre-

IMG_3001-1.jpg
-暴牛 quattro-


というわけでここでイタリア語の勉強です(何
*数/名前/読み方/意味

0 zero ゼーロ
1 uno ウーノ
2 due ドゥーエ
3 tre トレ
4 quattro クワットロ
5 cinque チンクエ
6 sei セーイ
7 sette セッテ
8 otto オット
9 nove ノーヴェ
10 dieci ディエーチ
100 cento チェント

よって、有名なFiatの500はチンクエチェントとなるわけですね。
クワトロフォルマッジ/マッジョなんてピザも四種類のチーズを使用しているからですねb
イタリア語の勉強になりましたねw
それではまた~( ´Д`)ノ~

スポンサーサイト
  1. Vehicle Horizon
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

2015試乗体験記 モーターサイクル編

Hi♪
事後報告ですが、5月の6日に札幌へ行った際に勇気を出して今後の糧にするためにスナダオートへ行ってきました。
車を検討中で、展示車で内装確認や安いタマの中古が販売されていないか見に行った折に寄りました。
以前乗っていたCBR1000RRFBはとても乗りやすく、かつたいへん面白い代物でしたが諸事情で売却しました。
それについては最後のほうにチラッと書いておこうと思います;


IMG_2638.jpg
IMG_2639.jpg
DUCATI  Monster 821
このバイクは新しいモンスターシリーズ(1200)のデザインを踏襲するモデルで、自分の一番大好きな点はエンジン直後のマフラー(エキマニ)の取り回しのグラマラスなデザイン!エロいですね。
こんな取り回し方を4ストで見たことない。
さすがデザインのイタリア!さすがドゥカティ!

しかし、自分には車体そのものがやや大きく感じた。
国産で言えば大型ネイキッドだからしょうがないとも言えるけど、街中でのエンジンの扱い易さやトルクが秀でてる程度なら国産大型ネイキッドを自分なら買う。
デザインに惚れたならそんなの関係ない、それも良いでしょう。
しかし、ライディングポジションが大切な自分にはちょっと合わないと感じた。
特に
・ニーグリップ位置の幅が細い(膝が来る位置の車体そのもののボリューム)
・ハンドル位置と幅(交換すれば解決)
・アクセルのスロットルフィール(パニガーレにも言えるけど戻ろうとするバネ?の力が強い。ドゥカティでよく言われるクラッチの重さなんてどうでも良い、こっちの方が気になる。)

からの~褒めるべき場所
・とにかく排気音が良い。重低音が腹の底に響いてきてライダーをやる気にさせる。
モンスターシリーズにこれ以外いらないってくらいの長所。
排気量が違っても、それぞれに見合った迫力でそれぞれに良さがあるから696エンジンのモデルでも満足度は非常に高い。


IMG_2640.jpg
DUCATI  Superbike 899 Panigale
これぞ速いドゥカ。
モンスターと比較にならないくらいのレスポンスと軽さが面白い。
乗っててにやけちゃう。
二気筒だからこその後輪の蹴りだしてる感覚は病み付きに。
昔よりは大人しくなったといわれる低速の不安定な「ドド、ドド、ド、ドド、ド…」のような、フィールというか鼓動がなんだか動物に乗ってるみたいに感じるし、ドゥカに今乗ってるんだという満足度が得られる点もイイ。(4発乗ってる人は特に感じるでしょう)

またまた不満はこの二点
・ニーグリップしにくい。ニーグリップすると痛い。本当に痛い…(購入したら要パッド必須)
・アクセルのスロットルフィール(戻ろうとするバネ?の力が強い。ドゥカティでよく言われるクラッチの重さなんてどうでも良い、こっちの方が気になる。)

長所は
・単純に軽くて、重さが中心にあって股の下にある感じがスポーツってフィーリングでとても良い。
・とにかくデザインがかっこいい!赤も映えますb
・そのままでもレスポンスやばいのに、モード切替でもっとやばいことに…まあ国内仕様なら常にレースモードが一番楽しめるかなと思いますb


IMG_2642.jpg
MV AGUSTA  F3 800
これはイタリアの走る宝石ことMV AGUSTAのバイクです。
三気筒なんですって。
トルクもさることながらとにかく速かったです。
かつ乗りやすい!
排気音も官能的で、トライアンフのデイトナ675も三気筒だったけどどちらかというとF3は四気筒に近い感じがします。

不満点は…
無かった!(え
嘘です。
強いて言えばハンドルの位置が自分には合っていなくて前傾具合が絶妙に手首を疲れさせる。
このバイクにはしょうがないんだが;

良かった点は
・ニーグリップが絶妙
・アクセルのスロットルフィールが軽くてとてもリニア。良いわあ~♪
・ブレーキタッチがとてつもなくリニア。(操作しやすくてビビる)尚且つ良く効く。(ジャックナイフ余裕)
・レスポンスが恐ろしいくらい良い;
・車体が軽い!


結論、もし買うとしたら自分ならMV AGUSTA  F3 800。
一番しっくりきました。
乗りずらいバイクは自分の相性に合わないようで、YAMAHAのMT09も面白い面白いと騒がれていたので以前乗ってみましたが、アクセルのレスポンスが(×良い、〇速い)ので街中が非常に乗りにくかった。
車で言うならランボルギーニやケーニグセグみたいなスーパーカーがあんな感じなのかな、なんて思います;;




さきほどの話ですが…
当時仕事を辞めた後の事ですが社宅だったので住む場所にも困り、就活も上手くいかず本当にどん底を経験しました。
自分の身を守るために就活する事になったのですが、現役学生を離れて何年も経つと会社色に染まってしまうものなんですね…何をやっても上手くいかないので気持ちまでそういう結果しか見えなくなります。
そうするとどんどん思考そのものが内側へ内側へと向くようになり、周りを見ることができなくなって「まわりに助けを求める」という手段が消え失せます。
「どうにかしないと」これだけしか考えられなくなります。
実際なりました。
今だから思いますが、なんだか追い込まれている浪人生の気持ちがわかったような気がします。
この大変な時期の末期には生活費も尽きてバイクも売ってしまいました。
とても後悔しています。
このことがあってその後、故郷で平穏を手に入れた自分はまわりに助けを求めなかったせいで売り払うことになった事実によって、自分は本当に車やバイクが好きだったのか?その程度だったのか?と責めない日は無かったです。
しかし、逆に考えればそこまで転職先を関東にこだわる必要があったのかとも思えます。
頑なになったせいで一生の後悔を背負う事になった自分はやはり関東にこだわる事なんかより車やバイクが好きだったんだと今は断言できます。
拳は一度握りしめると開こうとすればするほど硬く握りしめていくものなんだと心得よ、と悟りました。(心の拳
深く深く自らを追い込むストイックさやハングリーさは時として身を滅ぼしたり、正常な思考を妨げます。
助けが必要な時は周囲を見渡す、恥ずかしさを捨てて助けを求める、本当に今拘っている事が自分の欲している事なのか客観視する。
案外、視野が狭くなっているだけで投げ出しても死んだりしない事の方が多いと思います。
このブログを見て、頑張りすぎない道もあるよ、って事に気が付く人が一人でもいればいいな…
これが自分の人生最大のしくじり経験かと思います;w
見えなくなるって、余裕がなくなるってとても恐ろしい事です。


  1. Vehicle Horizon
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

CORNES 青山

Hi.
先日、東京に行った時に銀杏並木を見た後に歩いていたらAsso Garageの店長が前に働いてた系列を発見。
このショールームは主にベントレーを専門に扱うCORNESさんみたいですね。
白いランボルが店の前で待機しており、エンジン音が最高でした。
荒々しい音はフェラーリとはまた違った個性を奏でます。

この時、自分はガラスに映りこんだ物を上手く取り入れる事を念頭にPhotoを狙ってみました。


IMG_1688-1.jpg

IMG_1693-1.jpg

IMG_1690-1.jpg

IMG_1695-1.jpg

IMG_1707-1.jpg
マイライフウォーター。薄味で大好きですb
  1. Vehicle Horizon
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

test ride -MT09,MT07-

Hi♪
先日、帯広のヤマハで試乗してきたバイク。
久々の大型バイクにドキドキ♪

MT09はもう今まで乗ったことないような低速からのトルクフル感と低速のアクセル操作のシビアさがあって自分は好みじゃなかった;
とにかく速すぎるw
ネイキッドであの速さってぶっちゃけ怖い。
ハンドルもネイキッドタイプだし、CBR1000RR FBに比べたら人馬一体感は無い。
これはきっとマスの集中に特化したスーパースポーツが自分の基準だからかもしれない。
重心が乗り手の真下に小さくまとまっていない感覚とでも言えば良いか…MT09はバイクと乗り手が別々に感じました。
昔、こういう乗りにくいバイクがあったらしいけど最近はこういう癖のあるバイクが無かったので、楽しいバイクとしてネットの評価は良いようで売れているみたい。
スペック的にはタイヤもスーパースポーツサイズかな?太いものが入っているしブレーキも恐怖感が無いくらい止まる曲がるに関してはとても安心できるしコーナリングは滑らかだ。
アクセルがシビアなのでギクシャク感は否めないがフィーリングに合えばハマること間違いなし!
3気筒からくるメリットデメリットが乗り味として感じられるけど、一番はエキゾーストが心地良い低音で乗り手の耳を通って脳を刺激します。
乗りこなせたら面白いんだろうけど、自分の嗜好には合いそうにないw

MT07については09に比べて排気量も小さくなり、2気筒エンジンになるのでフィーリングも全く違うバイクに仕上がっています。
MT09乗ってからだと残念感は否めないが、それはこと加速に関してである。
全体にはしっとりしていて、2気筒らしいアクセルを開ければ常用域のどこからでもすぐにトルクを取り出すことができるパワフルさも備えている万能型。
鼓動感も小気味がよく、MT09とは打って変わってアクセルも開けたら開けた分だけの操作のしやすさもあってツーリングでの疲れも少ないと推測できる。
また2気筒なのに、アクセルを一定にする場面でも特有のギクシャク感は感じない。
エンジンブレーキのみ2気筒らしく強めではあるが個性のレベルだと言える。
気になった点はニーグリップする場所がちょうど硬くてそのままは痛くてどうしようもなかったこと;
購入の際はやわらかい物を何か貼ったほうが良いと思われる;
一番良かった事は2気筒エンジンと車体の軽さからくるヒラリとしたフィーリング、これに尽きる。

とりあえず乗れてよかった。
自分のライダーとしての教養を磨けた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつか大型に返り咲きたい、どうも僕ですw


→YSP帯広

IMG_1506-1.jpg
MT09

IMG_1508-1.jpg
MT07少し小さいだけであまり外観の大きな違いはないこの二台。中身は全然性格が違うよ♪
  1. Vehicle Horizon
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

足バイク復活

Hi♪
秋真っ只中の瓜幕高原からこんばんは。

バイクは無事とりあえず走るようになりました。
ただ、ヘッドライトがめちゃくちゃ暗いのでプロジェクターをぶち込んでいる最中です。
大学の時にセピアZZでも一度やってますがその時は道具も無い、プロジェクターも置き捨てられた車からいただいてきた物で形状が合わない、とあってとても苦労したのを覚えています;
それをやりたくなるくらい、スクーターのライトのレンズカットタイプは暗いのです!
スクーターを購入する際はマルチリフレクターかプロジェクタータイプを強く推奨します!w

ただ、この世代の黄色ヘッドライトは稀少です。
一部でニーズがあるそうな…w
完成したらまた画像をアップしたいと思います♪
プロジェクターのモノアイタイプになるので、ガンダム好きが振り向くこと間違いなし!(何


IMG_1499-1.jpg

IMG_1498-1.jpg

  1. Vehicle Horizon
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY »

蝦夷地へ足を踏み入れた開拓民

プロフィール

Black Fox

Author:Black Fox
蝦夷の地平線へようこそ♪

【出身】:蝦夷地 / 網走(チパ・シリ)

【性格】:一つの事に夢中になれる、静かに燃える人らしい

【能力】:運転中に体感時間を遅くする程度の能力

【趣味】:音楽・映画・車・バイク・PC・Photo・漫画・アニメ・ゲーム・東方プロジェクト・国内旅行・オーディオ・アウトドア全般・温泉…など

【装備】:
コンデジ SONY DSC-HX30V
一眼レフ CANON EOS70D
レンズ  EF-S 18-135mmF3.5-5.6IS 
      EF 50mmF1.8Ⅱ
      SP AF MACRO 90mm F2.8

オーディオ NW-A867/B(名機)
ヘッドホン Reference S4
       ATH-PRO700
       ATH-PRO700MK2ANV

熱い煎茶と桜餅でもどうぞb
ゆっくりしていってねb


« 2017 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。